新刊
  • 将軍 足利義昭
    動乱の渦を掻き回した男

  • 歴史小説 1,300(定価) 著者 辻尾 耕平
  • 初電子書籍化 電子版オリジナル 2014年2月 配信開始

  • 足利将軍家の後継者として室町幕府の再興を願いながら果たせず、 流浪の人生を余儀なくされた足利家第15代将軍足利義明。自らの手で天下を摑もうと、 信長から秀吉の死に至るまでの天下統一の動きに逆らい、戦乱を渇望し、その渦を大きく 動かそうと画策した最後の足利将軍の生涯を克明に描く。


目次

 将軍暗殺
 野望の芽生え
 名を義秋
 朝倉へ
 越前一乗谷
 朝倉から織田へ
 上 洛
 登 代
 さこの方
 袖 判
 朝倉攻め
 姉 川
 義昭策謀
 義昭挙兵
 二条御所
 
 落 城
 流 浪
 冬の風
 由良の日々
 毛利起つ
 信長包囲網
 最後の謀略
 本能寺
 秀 吉
 家 康
 野望の終焉
 さらなる生き方
 文禄・慶長の役
 ふたたび鞆へ